SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

蹴球堂 店員Bの芝生日記

サッカーショップ蹴球堂 店員の日記
<< 韓国対日本 | main | 10月28日 >>
店員B日記 〜ブラインドサッカーアジア選手権2007〜
0
    ブラインドサッカーアジア選手権2007大会結果

    10月23日
    韓国 2−0 イラン 
    日本 0−0中国

    10月24日
    日本 0−0イラン
    韓国 1−4 中国

    10月25日
    中国 0−0 イラン
    韓国 1−0 日本

    10月26日
    日本 0−1 イラン(3位決定戦)
    韓国 0−3中国(決勝戦)


    上記が今大会の結果です。
    日本は、パラリンピックの切符を得る事はできませんでした。

    こまめにBLOGをアップするつもりも、ケータイの充電器は忘れるは、デジカメは忘れるは、BLOGのIDは忘れるは・・・・。

    ってのは、言い訳ですねぇ・・・。

    昨日、帰ってきて少し整理しつつありますが、言葉が見つかりませんでした。
    って、今書いてるコレもたいしたコト書けていませんが・・・。

    『アジア選手権』つまり『国際大会』なんですが、そんな『国際大会』を開催するコトを、開催しているコトを本当に主催者はわかっているのかしら?って思う大会の進行・・・。

    でも、試合が始まると『韓国対日本』なんて試合は、久々?にしびれる感じでした・・・。
    あの緊張感・・・。

    想像してみてくださいな・・・。

    切符がかかった、『事実上の決勝戦』とも言われる試合が、『対韓国』・・・。

    観客がたくさんいる訳ではない。
    って言うかいない。

    でも、凄い圧迫感さえ感じる、重い空気が流れていた会場。

    いざ試合が始まると、やっぱりさすがの『韓国対日本』でした。

    『勝つ為の試合』

    『勝つ為』には、何でも?やってしまえる『韓国』

    『日本』はとにかく『日本らしさ』をつねに持って運んで行く試合。

    『勝つ為の試合』=『サッカーの試合』ではないのかもしれませんねぇ。

    『テクニック』はあきらかに日本が上でした。

    あんなドリブルは、残り3カ国にできた選手いたんでしょうか?

    ロボットのように、お約束通りに動く、なんら観てる人間の『想像力』をかきたてるような試合をしない、つまんない3カ国さん・・・。

    (韓国のずるさ?にはつまんなくはないどころか、イライラさせられましたが・・・。)

    でも、『勝つ為の試合』には『魅せるサッカー』も『そのチームが持つ、らしいサッカー』も関係ないのかもしれませんねぇ・・・。

    その点で、『勝つこと』に対する『テクニック』が足りなかったのでしょうか・・・???

    韓国2日目に観た『日本対イラン』

    この3位決定戦。
    店員B的には、3位になって何?的な感じでした・・・。
    昨日の『韓国戦』でパラリンピックへの扉は閉ざされた訳ですから・・・。
    選手はどんなモチベーションなんだろう?っと思っていたら、あれよあれよと試合開始の笛・・・。

    前日に観た、『イラン対中国』を戦っていた『イラン代表』とは思えない、『イランのサッカー』・・・。
    昨日より上手くなっているんですよねぇ・・・。

    負けていない『日本』・・・・。

    特に鳥居選手は、昨日の試合では、やりにくい相手だったと言うので発揮できていなかった部分もあるのでしょうが、昨日の試合より、確実に『ひきだし』が増えているんですよねぇ・・・。
    『次はここかな?』って言う予測がまったくたたない・・・。

    体の使い方は、見惚れてしまいました。

    でも、結果は敗北・・・。

    昨日からの『この試合に意味はあるのか?』って言う疑問は、『次までの宿題なんだ』っと言う答えがでました。

    確かに『日本のサッカー』っていうものの『カラー』はどこよりも濃かった。
    でも勝利に結びつけることができなかった現実。

    感じるものはたくさんあった『日本対イラン』
    でも、意味は『次の試合』でしか見えないような気がしました。

    この試合があったから・・・。って思える試合。
    それを『次』やって欲しい。
    そして、この試合を観たからこそ感じれるコトを、次の試合で感じたい。

    サッカーってもの、スポーツってものは、その繰りかえりなのかもしれませんねぇ・・・。

    だから、観るのもやめられない。
    観れずにはいられない。

    なんでこんな僻地にまで、わざわざ時間もお金も使って観に行くんだろう?って思うサポーターが世の中には、たくさん存在しますが、観れば観る程に、1試合1試合の、重みや深みが変わって行くのでしょうねぇ・・・。

    だから面白いんですよねぇ・・・。

    ここから次まで・・・。
    もっと感じれるように、何ができるんでしょうか?

    選手は、練習してもっとテクニックを上げてくるでしょう。
    もっと体力をつけて、チーム力をつけてくるでしょう。

    観てる側が、次までにできるコトは・・・???

    やっぱり、『宿題』多いですねぇ・・・。



    そんなコトを思い出したような?知ったような?そんな2泊3日でした。


    | ブラインドサッカー | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://bbb.shukyudo.net/trackback/361191